2016年6月18日(土)

第1回「ホタルのヒカリのひみつとみりょく」開催報告

話し手:加藤太一郎さん(鹿児島大学学術研院)

参加者:17名

開催場所:Corda espresso/bar

 加藤さんのホタルの話とても楽しかったです!ホタルは世界中に何種類いると思いますか?50種類?300種類?いやいや何と約3000種類!ほうほうほたるこいこっちの水は苦いぞ♪と童謡に歌われているように、ホタルは水辺にいるものだと思っていましたが、実は、多くは森などに生息し、水辺に生息するホタルは、日本にいるゲンジボタルやヘイケボタルを含め、その3000種の内わずか10種類程度しかいないそうです。私たちの身近にいるホタルは、実はすごく珍しいんですね。それから、ホタルはルシフェリンという物質をルシフェラーゼという酵素で酸化することで、発光するそうですが、その発光メカニズムも分子模型を使ってわかりやすく説明してもらいました。この反応はすごくエネルギー効率がいいそうです!参加者の方々からも色んな質問や意見が聞けて面白かったです。第2回以降もこんな感じで皆さんに楽しんで頂けるようにしますので、よろしくお願いします!

光反応の元となるルシフェリンの化学反応。ジオキセタン中間体ができて、オキシルシフェリンとなる。

ジオキセタノン中間体の分子模型を作って、ホタルが発光する仕組みをわかりやすく理解することができました。

ワッフルも美味しかったです。


サイトメニュー

・ホーム

 ・過去の開催

 ・お問い合わせ

鹿児島大学若手教員サインエスカフェ有志の会

 


サイエンスカフェかごしまにご興味を持っていただき、ありがとうございます。
さて、6/9に第16回目の通常のサイエンスカフェを絶賛開催、参加募集中ですが、
特別番外編のご案内です。
ーーーー
■ イベント名:サイエンスカフェかごしま(特別番外編)
■ 主催:鹿児島大学若手教員サイエンスカフェ有志の会
■ 日時:2018年5月31日(木曜日)18:00開場 18:30〜20:00
■ 会場:鹿児島大学郡元キャンパス工学部共通教育棟 1F 101教室(予定)
■ テーマ:われわれの概日時計のメカニズム 
              ~自転周期が24時間の星で賢く生きる~
■ 語り手:豊橋技術科学大学 環境・生命工学系所属 沼野利佳先生
■ 内容
  ・2017年のノーベル生理学・医学賞は、体内の概日時計のメカニズムに!
  ・時差ボケは昔はなかった?
  ・最近はやりの夜のブルーライトの影響って?
  ・体内時計のリズムが狂うとどんな病気に?
■ 参加費 無料
■ 要事前申し込み&お問い合わせ: メールまたはfacebook にて
  メール: register@scicafekago.sakura.ne.jp (担当 飯笹・和田)
facebook イベントページ
昨年度のノーベル生理学・医学賞で、体内時計についての研究が受賞されました。また、携帯などから発せられるブルーライトの体内への影響など、最近注目されている研究分野の一つかと思います。最新の研究内容にもふれつつ、わかりやすくお話いただける予定となっていますので、是非ご興味ある方はお申込みをよろしくお願い申し上げます。