2017年8月27日(日)

第10回「放射線を正しく理解しよう!」開催報告

話し手:尾上昌平(鹿児島大学アイソトープ実験施設)

参加者:15名

開催場所:Corda espresso/bar

 8月27日に第10回サイエンスカフェかごしま「放射線を正しく理解しよう!」を開催しました。霧箱を使って放射線を見る実験を踏まえながら、鹿児島大学の尾上昌平さんにお話ししてもらいました。

 放射線は、原子力発電所や病院のレントゲンなど、特定の場所でしか発生しないと思われがちですが、実は、自然放射線と呼ばれるものが空気中や土壌中、食べ物などありとあらゆる場所から発生しているそうです。放射線は、DNAを損傷するため大量に浴びるとガンになったり、色々な傷害を引き起こしますが、100 mSV以下の線量では、がんの発生率に対して統計的に有意な影響はないそうです。一方で、医療現場や農作物の品種改良には放射線が欠かせないものとなっており、放射線はただ危険なだけでなく有用な面もあるそうです。

 霧箱を使って放射線を見る実験では、霧の中をスッと走る放射線を観察することができました。最初はランタンのマントルから出る放射線を見てましたが、それを外しても放射線を見られ、自然放射線というものが本当にあることがわかりました。

放射線は確かに危険なものですが、一方で医療現場などでは欠かせないものとなっています。過度に恐れて、ストレスを感じる方が体にはよくないので、信頼できる情報を吟味し、自分で考え正しく理解することが大切だと思いました。

マントルの出す放射線を霧箱で観察しました。

霧箱の実験、スッと走る白い線が放射線です。

ウラン鉱石にブラックライトを当てて、それが放出する蛍光を観察しました。


サイトメニュー

・ホーム

 ・過去の開催

 ・お問い合わせ

鹿児島大学若手教員サインエスカフェ有志の会

 


サイエンスカフェかごしまにご興味を持っていただき、ありがとうございます。
さて、6/9に第16回目の通常のサイエンスカフェを絶賛開催、参加募集中ですが、
特別番外編のご案内です。
ーーーー
■ イベント名:サイエンスカフェかごしま(特別番外編)
■ 主催:鹿児島大学若手教員サイエンスカフェ有志の会
■ 日時:2018年5月31日(木曜日)18:00開場 18:30〜20:00
■ 会場:鹿児島大学郡元キャンパス工学部共通教育棟 1F 101教室(予定)
■ テーマ:われわれの概日時計のメカニズム 
              ~自転周期が24時間の星で賢く生きる~
■ 語り手:豊橋技術科学大学 環境・生命工学系所属 沼野利佳先生
■ 内容
  ・2017年のノーベル生理学・医学賞は、体内の概日時計のメカニズムに!
  ・時差ボケは昔はなかった?
  ・最近はやりの夜のブルーライトの影響って?
  ・体内時計のリズムが狂うとどんな病気に?
■ 参加費 無料
■ 要事前申し込み&お問い合わせ: メールまたはfacebook にて
  メール: register@scicafekago.sakura.ne.jp (担当 飯笹・和田)
facebook イベントページ
昨年度のノーベル生理学・医学賞で、体内時計についての研究が受賞されました。また、携帯などから発せられるブルーライトの体内への影響など、最近注目されている研究分野の一つかと思います。最新の研究内容にもふれつつ、わかりやすくお話いただける予定となっていますので、是非ご興味ある方はお申込みをよろしくお願い申し上げます。